学術集会のご案内

第49回日本女性心身医学会学術集会
第32回日本女性心身医学会研修会

ご挨拶

第49回日本女性心身医学会学術集会および第32回日本女性心身医学会研修会を、2021年6月26-27日に東京都品川区にある昭和大学上條記念館(2019.4竣工)において開催させていただきます。当初は2020年7月4日、5日に開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の蔓延により開催を延期させていただきました。1年遅れての開催になりますが、新型コロナウイルス感染症の状況はいまだ予測しにくい状況が続いており、6月になってもこの感染症が完全に終息することは難しい状況ではないかと推察しています。このような状況で本学術集会をこれまでのようなスタイルで開催することは難しいと考えており、今回は土曜日の研修会はWeb開催、日曜日の学術集会はハイブリット開催を念頭に準備をすすめております。

昨今のCOVID-19の感染拡大に伴う自粛生活や雇用の不安定化などにより、女性の心身の負担が増している事実がさまざま報告されています。本学術集会ではこれらのCOVID-19に関連した課題について専門家が意見交換することは非常に意義深いものであると考えております。さらに、昨今、産婦人科診療のなかで、周産期、生殖、腫瘍、そして女性ヘルスケアのいずれの領域においても女性の心身医療、メンタルヘルスケアの重要性が増してきており、本学術集会はこのような状況下での影響を踏まえたさまざまな課題について議論する絶好の機会になるものと考えられます。

本学会は長きにわたり、女性の心身相関に関する研究を推進し、女性の心身の健康と福祉に貢献することを目的に発展してまいりました。今回は、「Women’s Life Care多職種からのアプローチ」をテーマに学術集会の開催を計画しています。生殖医療における卵の段階から、思春期、成熟期、更年期、老年期までの女性の生涯にわたるメンタルヘルスを考えます。また、妊娠・子育て期における特定妊婦の問題、COVID-19感染に伴う妊産婦のメンタルヘルスケアの問題、生殖医療における就労問題、腫瘍における緩和ケア、さらに児童虐待・性虐待・介護中の虐待などの社会的弱者への虐待、DV被害、性別違和など課題が山積しています。本学会ではこれらの課題について産婦人科医、精神科医、小児科医、助産師、看護師などの医療関係者のみならず、教育機関や行政の担当者も含めた多職種でこれらの問題を議論したいと考えております。日本専門医機構(産婦人科領域)、日本精神神経学会専門医更新、日本医師会産業医生涯研修、日本助産評価機構の単位も獲得できるよう準備を進めております。多くの皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2021年3月吉日

第49回日本女性心身医学会学術集会
大会長 関沢 明彦
昭和大学医学部 産婦人科学講座 教授

開催概要

会 期 2021年 6月 26日(土)・27 日(日)
6月 26日(土)第32回日本女性心身医学会研修会(Web開催)
6月 27日(日)第49回日本女性心身医学会学術集会(ハイブリット開催)
会 場 昭和大学 上條記念館
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
東急大井町線・東急池上線 旗の台駅 徒歩7分
東急目黒線 西小山駅        徒歩12分
大会長 関沢 明彦(昭和大学医学部 産婦人科学講座 教授)
テーマ Women’s Life Care 多職種からのアプローチ
学会内容 会長講演、教育講演 など
大会ホームページ https://k-con.co.jp/49jspog/
主催校事務局 昭和大学医学部産婦人科学講座
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
TEL 03-3784-8551 FAX 03-3784-8355 (産婦人科医局)
担当:石川 哲也(医局長)、白土なほ子、坂本美和、宮上景子
大会運営事務局 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-27-2 山本ビル2階
株式会社ケイ・コンベンション内
第49回日本女性心身医学会学術集会 担当:市川・岩井
電話:03-5367-2382 FAX:03-5367-2187
E-mail: 49jspog@k-con.co.jp